この消しゴムみたいになりたい

ここ数年、消せるペン一択だったプライベートの筆記用具にシャープペン回帰の波が押し寄せ、新しい消しゴムを買うことになりました。

ヘアサロンでタブレットの電子雑誌を貸してもらったら毎回文具系の記事や雑誌を探すくらいには文具女子な私。ノック式とか、“角”が無限に出てくるものとか、磁石が練りこんであって消しくずがくっつくものとか、驚くほど進化した消しゴムに出会えるかもしれないとワクワクしてお店に行きました。


そして出会ったのが写真の消しゴム。



何の変哲もない普通の消しゴムですが、シンプルなモノクロのチューリップ柄が、妙に心をとらえて離さない。


考えてみれば、消しゴムのケースって、直線とロゴで構成されたシンプルでいかにも“ステーショナリー”という感じのデザインか、可愛いけど子供っぽいものか、どちらかしかなかったような気がします。大人の女性が持ってて嬉しい、シンプルだけどほっこりするデザインの消しゴム。


今までなかった、なくても問題はなかった、でも世の中に誕生したのならこれを選びたい。

この消しゴムのようになりたいテクニコです。